ののんの家

愛知県蒲郡市の「和のリゾート はづ」は子連れにやさしいく、手ごろな価格の宿でした。

スポンサーリンク

 こんにちは。ののんです。

今回は、1回目の記事。

何を書こうか迷いましたが、少し前に、愛知県蒲郡市にある「和のリゾート はづ」に行ってきたのでその記録とレビューを投稿します。

今回は、3月の中旬に行きました。実は、夏にもここに宿泊したことあります。なぜ、またここに宿泊したかって?もちろん、子連れで快適に宿泊できたので2回も宿泊してしまいました。

では、前回夏季に宿泊したときのことも含めて比較してレポしていきます。

 料金は?

 今回は、JTBのベネフィトを利用したので、ベネフィト利用時の金額です。

*JTBベネフィトは、会員制福利厚生サービスのことで夫の会社が入っているので今回利用しました。

大人4名の場合は宿泊費が1人当たり税込8800円で入湯税1人当たり150円かかります。

2歳未満の幼児は添い寝で無料。

2歳以上就学未満の添い寝は、1人当たり税込み2160円。布団のみまたは食事のみは、税込4320円でした。布団と食事つきにするなら、税込で6480円かかります。

子供の入湯税はかかりませんでした。

※「入湯税」は、12歳未満の子供は免税

これは、日曜から金曜までの値段です。土曜日の値段はもう少し高いようです。

今回、我が家はおじいちゃん・おばあちゃんとの宿泊したので大人4人の料金になっています。

 

ちなみに、夏季の金曜に宿泊した際の宿泊料です。

大人2人の宿泊で1人当たり、8800円。大人4人の場合は、1人当たり8200円でした。

子供料金は、今回と同じです。

夏季の方が少し大人料金が安いです。

ホテル駐車場について

f:id:nononnoie:20190327145405j:plain

まず、ホテルに到着。

夏季に宿泊したとき到着したのは17時頃。たまたまかもしれませんが、まだホテル前の駐車場はガラガラ。なので、ホテル前の駐車場に停めました。

今回、到着したのは16時頃。前回よりも1時間早く着きましたが、ホテルの前の駐車場はいっぱいで、すこし離れた駐車場に車を停めました。

宿泊して感じたのは、夏季より冬季の方がお客さんが多いイメージ。冬季に宿泊される場合は、早めの到着がいいかもしれません。

*ホテル公式HPより、「50台(無料)先着順になります」とありました。

 ホテルにまさかのふくろうが!

館内に入ると、フロント前でまずお迎えしてくれたのは、コノハズクという2匹ふくろう。  

f:id:nononnoie:20190327150206j:plain

 名前は、「こはく」と「あずき」という名前だそうです。

ちょうど、ホテルのおじさんがいて、長男の桃太がふくろうを触らせてもらいました。初めは怖がっていた桃太でしたが、一度触ると大喜び!何度も触らせてもらいました。

ふくろうなんて触る機会がほとんどないので、貴重な経験ができるのもこのホテルのポイントかも。

毎晩、20時45分から、このフロント前でふくろうに餌をあげたり、紙芝居があるそうです。

今夜是非来てね~とおじさんに言われました。が、その晩は子供たちが早く就寝してしまったので見に行けず。子連れにはもう少し早く開催してればいいなと思いますが、ふくろうは夜行性だから仕方ないか・・・。

ホテルの部屋は?

ホテルは7階建てですが、今回の部屋は6階のオーシャンビュー和室。ホテルが高台にあるということもあり、部屋から見る景色はきれいでした。部屋でWi-Fiも使えましたよ。f:id:nononnoie:20190327150311j:plain

荷物が置けるような下記写真のスペースもありました。

f:id:nononnoie:20190327150321j:plain

部屋は広いですが、部屋にある家具や建物自体は古いです。しかし、部屋の中はきれいに清掃されて清潔感があるので、私はそれほど気にならなかったです。

実は前回宿泊したときは、なんと・・・大部屋でした。大人2人に子供2人でこの部屋って!とびっくりするぐらいの大きさです。今回は、それより小さかったのですが、十分な広さでしたよ。

*画像出典:「和のリゾート はづ」公式HP。

↓これが大部屋の写真。手前にもう倍ぐらいのスペースがあります。

f:id:nononnoie:20190327150354j:plain

↓今回泊まった普通サイズのオーシャンビュー和室。

f:id:nononnoie:20190327150113j:plain

温泉について

温泉は、7階に展望大浴場「パノラマスパ」、1階に天然温泉の露天風呂「美白泉」があります。

7階の展望大浴場は、清掃等で時間変更があるようですが、その日は11時から早朝9時。

1階の露天風呂は、15時から23時でした。

 

↓露天風呂                 

f:id:nononnoie:20190327150109j:plain

*画像出典:「和のリゾート はづ」公式HP

↓展望大浴場

f:id:nononnoie:20190327150340j:plain

*画像出典:「和のリゾート はづ」公式HP

展望大浴場と露天風呂の両方に洗い場があるので、どちらでも体を洗うことはできますが、展望大浴場の方が洗い場の数が多く、アメニュティも多かったので展望大浴場がお勧めです。

赤ちゃん連れで温泉に入るとき、温泉にベビーベッドが置いてあるところは多いので衣類を脱がせたり、着させたりするときに困ることは少ないと思います。けれど、体を洗うときママ一人とお座りができない赤ちゃんを連れていると本当に困りますよね。「和のリゾート はづ」では、「コンビ ベビーレーベル ベビー バスチェア」が置いてあったので、私と0歳の次男の金太との2人だけの入浴がスムーズに。本当に有り難かった!!

f:id:nononnoie:20190902050008j:plain

 

※画像出典:

【楽天市場】【在庫限り】【コンビ/ combi】'【ベビーチェア】ベビーバスチェア(ベビーレーベル)[ベビーバス/お風呂/シンク/combi/【コンビ/ combi】]【D】【P】【ギフト/贈り物】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】:子育てママの店 ベビー・キッズ

*Amazonで検索すると中古品ばかりで、コンビの公式オンラインHPで検索しても出て来ないので、もう販売してないかもしれません。

このベビーバスチェアのオープンガードについている、くるくる回る玉で遊んでくれたおかげでゆっくりと体を洗うことができました。

↓似たような商品で、このようなものがありました。あると便利ですね。

ちなみに、男性風呂にはこのベビーバスチェアはないです

夏季に初めて来たとき、夫に次男の金太をお願いし、私は長男の桃太と入浴したのですがチェアがなく大変だったようです。

なので、赤ちゃんを連れて入るなら女性風呂がいいです。ちなみに、ベビーバスチェアは展望大浴場だけでなく露天風呂の洗い場にもありました。

少し残念なのは、部屋から1階露天風呂までの距離が長いこと。前回は子供たちが就寝した後に一人で行きましたが、露天風呂までの距離が長いうえ、通路以外が暗いので少し寂しかったです。人が誰もいなかったっていうのもありますが・・・。

そして今回は冬という事もあり、2階から1階にある露天風呂に行くまでの距離が寒かったです。帰りは温泉に入った後で、体はぽかぽかだったので、寒さは感じませんでした。

今回も前回も利用しませんでしたが、展望大浴場と露天風呂以外に、貸切露天風呂があるようです。45分で大人1名1500円、小学生以下無料。利用時間が15時から21時で各毎時00分スタートだそうです。

 

↓貸切露天風呂

f:id:nononnoie:20190327150351j:plain

*画像出典:「和のリゾート はづ」公式HP

子連れにやさしいサービス

湯上りに宿泊者が無料で使えるドリンクサービスが3階にあったので、行ってみたところ、ドリンクサービス近くにキッズスペースが!長男の桃太と夫が先に上がって、遊んで待っていてくれました。キッズスペースあるなんて、ほんとに子連れにやさしい!

f:id:nononnoie:20190327150148j:plain

ドリンクサービスも、子供が飲みやすい麦茶が用意されていたので、湯上りの水分補給ができます。

そして、おっーー、私の大好きな抹茶ラテ♥もある~!!この抹茶ラテ、少し塩分が入っていて、湯上りの水分補給に最適でしたよ。ドリンクサービスの写真を撮り忘れてしまいました。

夕食は豪華でした!

夕食は、今回は2階にある和室での食事でした。ちなみに、前回は7階にあるダイニングホール。

赤ちゃんの座れる場所がない!と思い、チェアはないか聞いたところ、バンボを貸してもらいました。おかげで、離乳食を食べさせやすかったです。

料理は、スタンダード会席、みかわ牛食べ放題付会席、新鮮あわび付贅沢プランがあります。他にも、逸品料理があります。

我が家は、料理はスタンダード会席を頼みました。沢山ありすぎて、食べきれないほど。お腹がパンパンに。

以下の写真の料理がでました。

f:id:nononnoie:20190327150219j:plain

f:id:nononnoie:20190327150229j:plain

↓茶碗蒸しがでてきたと思ったら・・・

f:id:nononnoie:20190327150239j:plain

じゃじゃーん!!なんと、ビーフシチューでした。

f:id:nononnoie:20190327150251j:plain

↓最後は、味噌汁とデザートがきます。あっ、写真にはないですがご飯もありますよ。

f:id:nononnoie:20190327150301j:plain

 

朝食は品ぞろえ豊富なバイキング

朝の食事は、バイキング。7階のダイニングホールで食事しました。食事時間は、7時から9時です。子供用のチェアやハイローチェアもあり、食事しやすかったです。

食事は和食と洋食のどちらもあり、こどもが食べたいものを選びやすかったです。

バイキングの様子は、下の写真です。朝7時に行き、しばらく食事しましたが、人が少なかったです。

夏季に行った時は、7時少し過ぎると人が沢山でした。

f:id:nononnoie:20190327150158j:plain

夏と冬に宿泊した違い

 夏に宿泊した際は、中国人観光客が沢山いました。中国人は温泉に入らない?ためか、温泉に全然ひとがいない!17時過ぎに温泉に入ったのですが、人が入ったような形跡もなくゆっくりできました。

ただ朝のバイキングで沢山の中国人観光客に遭遇しました。

今回冬に宿泊したときは、日本人が沢山という印象。温泉に子連れ客もいましたし、食事もほぼ日本人客でした。

閑散期は、ホテル側が積極的に海外からのお客さんを呼んでいるのかなと思います。

リピート宿泊した理由

今回の宿泊で、2回もここに宿泊した最大の理由が、温泉にベビーバスチェアがあったから。本当に単純な理由ですが、これがないと本当に体洗うのに苦労するし、ゆっくり温泉に入った気にならない!

他にも長男の桃太は、前回ここのホテルの部屋が広いので動き回るのが楽しくてしょうがなかったというのも今回このホテルにした理由です。借りた浴衣も気に入って、くるくる回ってあそんでいました。

*浴衣は、フロント横でレンタルできました。桃太は、一番小さいサイズの浴衣を貸してもらいました。2歳で90センチ少しあるのですが、脚が少し出るぐらい。夏に来た時の写真です。

f:id:nononnoie:20190327150331j:plain

夫もこのホテルは、比較的料金が安くて満足できるから、また蒲郡に行く時はここに宿泊したいといっています→同じホテルに宿泊する傾向にある夫。

ということで、子供も大人もゆっくり過ごせる、そんなホテルだと思います。

今回、初めての記事ということで、分かり難いところなど不十分な点が多いかと思います。少しずつ、改善していきたいと思いますので、これからもののんをよろしくお願いします。